よくいただくご質問

原料・産地

「ポテトチップス」の原料になるじゃがいもの、品質管理はどのようにしていますか?

国内産のじゃがいもは、豊かな土づくりや肥培(ひばい)管理の研究を、生産農家の方々と共同で行っています。 
収穫後は、定温貯蔵倉庫での検査・貯蔵・工場出荷と、一貫した品質管理を行っています。
まず、収穫されたじゃがいもを、畑ごとに区別してコンテナに入れ、生産者名・畑・収穫日・品種などの情報を記入したラベルを貼付、その後、貯蔵倉庫に運び、品質・比重・カラー(揚げ色)などの検査を受けたうえで、厳密な温度・湿度管理のもとで貯蔵され、カルビーの工場に運ばれます。  



カルビーの工場では、「ポテトチップス」を製造する前に、もう一度品質や比重の検査を行います。 
これらの一連の品質データを管理することにより、商品化されたあとでも、製造日時と生産ラインを特定すれば、原料に関する情報を確認することができます。 
商品から原料までを追跡できるこのトレーサビリティシステムで、原料品質の改善とともに、品質評価を生産農家へフィードバックすることが可能となりました。 



米国産のじゃがいもは、産地と品種を限定して輸入しています。
収穫されたじゃがいもは、米国から船で運ばれ、港湾に着いたら、植物防疫検査(病害虫を日本に入れないための検査)を実施します。
また、残留農薬検査など、安全性の確認のための検査も実施します。
これらの検査で国の安全基準に合格したじゃがいもだけが、カルビーの「ポテトチップス」になります。
お客様の問題は解決されましたか?

ご意見をお聞かせください。
ご意見をもとに、さらなる情報改善に努めてまいります。

※250文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。

なお、このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
恐れ入りますが、お問い合わせフォームはこちらからお願いいたします。

ご回答いただきましてありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

Powered by i-ask