よくいただくご質問

商品の安全性

Q

食品中の「アクリルアミド」はどうすれば減らせますか?

A
おもに下記(1)~(4)の4つのポイントがあります。各ポイントにおけるカルビーの取り組みにつきましては、図の下の各番号をご覧ください。



■カルビーの取り組み状況

(1)減らす
 →アクリルアミドのもとになる「アスパラギン」を減らす
ポテトチップス じゃがいもをフライする前に湯通しして
アスパラギンを低減する
実施中
アスパラギンの少ない原材料じゃがいもへの品種転換・導入 研究中
ポテトスナック 原材料配合レシピからアスパラギンを低減する 実施中

(2)減らす
 →アクリルアミドのもとになる「還元糖」を減らす
ポテトチップス 還元糖の少ない原料じゃがいもへの品種転換・導入 実施
研究中
じゃがいも貯蔵時の還元糖の発生しにくい貯蔵管理 実施中
貯蔵中に増加した還元糖を低減する処置の実施
じゃがいもをフライ前に湯通しして還元糖を低減する
ポテトスナック 原料配合レシピから還元糖を低減する 実施中

(3)必要以上に高温・長時間の加熱をしない
 →商品の品温がアクリルアミドができる温度(120度以上)になっている時間を短くする
ポテトチップス フライする時間を短くする・フライする温度を低くする 実施中
フライ直後に風をあて、冷却する
ポテトスナック フライ直後に風をあて、冷却する 実施中

(4)食品添加物の有効活用
 →アクリルアミド生成を妨げる添加物を使用する
-  - 研究中


⇒ アクリルアミドに関するすべてのFAQはこちら(PDF:141KB)
このFAQは役に立ちましたか?
    

ご意見をお聞かせください。

ご意見をもとに、さらなる情報改善に努めてまいります。

※250文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。

なお、このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。
恐れ入りますが、お問い合わせフォームはこちらからお願いいたします。

送信
ご質問一覧へ戻る