よくいただくご質問

添加物

Q

乳化剤とは何ですか?

A ■乳化剤とは
一般に水と油は、混じりにくいものの代表といわれ、これを均一に混合することを『乳化』といいます。この効果を持つものが乳化剤です。牛乳、バター、マーガリン、マヨネーズなど乳化食品は数多くあり、マヨネーズは、サラダ油が卵や酢に均一に乳化しており、これは卵黄中に含まれるレシチンが乳化剤として働いています。
乳化剤は、水と油を混ぜやすくする乳化効果のほかに空気と液体、個体粒子と液体なども均一化する働きがあり、(分散、浸透、洗浄、起泡、消泡、離型など)食品のいろいろな場面で機能を発揮します。また、
・水と油を均一に混合し、乳化食品の食感や風味を改善します。
・泡たて(起泡)効果により、ソフトで軽い食感を向上させます。
・油跳ねを防ぎ、調理をしやすくします。
・でん粉などの食品成分の食感を向上し、維持します。
・菓子類などのソフトさを改善するとともに食べやすくします。
・製造時に起こりやすいトラブルを改善、食品の安定な製造に役立ちます。(麺やパン、菓子類の機械への付着を予防等)
※日本食品添加物協会「暮しのなかの食品添加物」より参照

乳化剤は「乳」という文字がついているため、乳由来原料を使用していると勘違いされてしまうことがあります。「乳」という文字がついていますが、乳由来原料が含まれているとは限りません。乳化剤の由来原料はまちまちです。商品ごとに使われている乳化剤(由来原料)も異なりますので、その都度ご確認ください。
このFAQは役に立ちましたか?
    

ご意見をお聞かせください。

ご意見をもとに、さらなる情報改善に努めてまいります。

※250文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。

送信

なお、このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。恐れ入りますが、お問い合わせフォームはこちらから、電話でのお問い合わせは0120-55-8570までお願いいたします。

ご質問一覧へ戻る